多発性硬化症(Multiple Sclerosis)とは?
 
 
多発性硬化症(MS)は中枢神経組織(脳、脊髄、視神経)における、多彩な神経症状が再発と寛解を繰り返す脱髄疾患の一つです。脱髄は、衝撃を伝達するようなしくみをもった、電気コードの被膜のような神経を覆う髄鞘(ミエリン)が、炎症と脱落によって神経の伝わりに異常が起こり、脳からの伝達を途絶えてしまいます。脱髄を起きた部分では、プラーク(plaques)や傷が頻繁に現れます。MSではこのような傷が、脳や神経線維に時間的、空間的に多発します。
 
 
 
多発性硬化症と間違えられるような疾患
 
 
梅毒
血清、髄液
神経ベーチェット病
血清、髄液
膠原病
血液
多発性脳梗塞
画像
脳原発の悪性リンパ腫
画像
脳幹の海綿状血管腫
画像
脊髄小脳変性症
末梢神経障害
脳脊髄腫瘍
画像
頚椎症
画像
 
 
MSの症状
 
 
視覚障害
目のかすみ、複視、球後視神経炎、眼振、(まれに)失明
 
平衡障害
平衡感覚がなくなる、振るえ、不自然な歩き方、めまい、手足がぎこちない
 
痙攣
筋肉の緊張や硬直、筋肉の痙攣
 
感覚の変化
身体がうずく、しびれ、無感覚(知覚異常症)、筋肉の痛み
 
特異な発話
ゆっくりと発話、不明瞭な発話、発話リズムの変化、飲み込みが困難になる
 
疲労感
動作に対して不調和、身体の衰弱
 
膀胱直腸障害
頻尿及び残尿感、排尿困難、便秘を含み、腸の運動機能障害
 
性機能障害
性的不能、興奮の減少、刺激に対する感覚の喪失
 
認知情緒障害
短期記憶の喪失、集中力、判断力、推測力の喪失
 
 
 
診断検査
   
 
運動機能
 
 
膝蓋腱反射
量的変化(亢進、低下、消失)
三頭筋反射
量的変化(亢進、低下、消失、逆転反射)
 
アキレス腱反射
量的変化(亢進、低下、消失)
 
チャドック 反射
足背外側や外果をこすると、開扇現象がおこる
 
バビンスキー反射
足底外側を踵の方から足指へ向けこすると開扇現象がおこる
 
足クローヌス反射
足の他動的背屈-腓腹筋の間代(背・底屈を繰り返す)
 
膝クロースス反射
膝蓋骨を衝動的に下方へ動かす大腿四頭筋の間代(膝蓋骨の上下運動を繰り返す)
 
ホフマン反射
手関節軽度背屈位。中指の爪を掌側に強くはじく。母指が内転屈曲すれば陽性
 
トレムナー反射
手関節軽度背屈位。中指先端を背側に強くはじく。母指が内転屈曲すれば陽性
 
レールミッテ徴候
頚部前屈によって背部から下肢に電気のようなしびれが放散する
 
 
 
感覚機能
 
 
全身の痺れ、感覚、痛覚、冷覚の検査
 
 
小脳機能
 
 
直線上を歩いてもらい、どの程度まっすぐに進めるか?
 
 
血液検査
 
 
軽度の白血球増加が見られることもある。
 
 
核磁気共鳴画像(MRI)
 
 
脳や脊髄、硬化を示す部分の画像診断。(損傷やプラーク)
 
 
脊髄液検査
 
 
総蛋白量と白血球数がしばしば増加する。髄液中で免疫グロブリン(IgG)が増加する。等電点電気泳動法により髄液を泳動し、IgGを免疫染色すると、オリゴクローナルバンド(Oligoclonal bands)と呼ばれるバンドが出現する。通常型の多発性硬化症の60~70%で陽性となるが、特異性は低い。
免疫グロブリンの陽性(IgG)
IgG-indexの上昇により示される異常
IgG index=(CSF IgG/serum IgG)÷(CSF albumin/serum albumin)で、日本人の平均正常値は0.68以下。
ミエリン塩基性タンパクの陽性(myelin basic protein,MBP)
オリゴクローナルバンドの陽性(Oligoclonal bands)
リンパ球上昇
 
 
 
眼底検査
 
 
視神経炎を生じていれば視神経萎縮による視神経乳頭の蒼白化が見られる。
 
 
誘発脳波検査
 
 
神経システムを伝わっていくスピードを、頭と各部位につけた小さな電極ではかります。それは視覚、聴覚、感覚刺激の反応を、脳波を監視することで検査します。
 
 
 
MSのタイプ
 
   
 
MSの疾患経過は予測できません。ほとんどの患者が良くなったり悪くなったりといった経過を進む中、ほんの僅かではありますが、急激に病気が進行し、全く動けなくなってしまう人もいます。
 
 
再発-寛解型
MSの型には、時に新たな症状があらわれたり、現在の症状がもっと激しいものになったりといった、再発(悪化、発作)があり、先の予測ができません。この状態が変化する時期(何日か?それとも何ヶ月か?)がいつまで続くのかは分かりません。また症状の一部、又は、全体が小康状態(回復)になることもあります。数ヶ月から数年の間、進行しないこともあります。 (約25%がこの型といわれています)
良性型
1つ、2つの発作が完全に回復した後には、この場合悪化することはなく、永久に障害が残ることはありません。良性型と認められるには、発症の後、最小の障害が10~15年経過している時と、最初に再発-寛解として分類されている場合にのみ診断されます。良性型の場合、初期の兆候は軽い傾向にあります。(約20%がこの型と言われています)
二度目の進行
初めのうちは、再発-寛解型であったいくらかの患者の中で、その後の病間で、障害が進むといった再発がおこることがあります。 (約40%がこの型と言われています)
慢性進行型
ここでは明らかに発作と診断されにくい場合ではありますが、兆候の始まりがゆっくりで、進行が継続する場合です。検査がある一定レベルの数値より下回ったり、障害が数ヶ月もしくは数年続く場合があります。 (約15%がこの型と言われています)
 
 
MSの型
 
 
アジア型MS
視神経と脊髄を選択的に侵す
西洋型MS
視神経と脊髄及び中枢神経も侵す
 
 
治療
 
 
プレドニゾロン系製剤を500mgないし1,000mgを2~3時間かけて点滴静注します。これを毎日1回、3日から5日間行い1クールとして治療を行う(ステロイドパルス療法)
まだ症状の改善が見られないときは数日おいて症状により2~3クール繰り返す。
 
 
 
血液浄化療法
 
     
単純血漿交換:Plasma Exchange (PE)
 
二重膜濾過血漿交換:Double Filtration Plasmapheresis (DFPP)
 
吸着式血液浄化:Direct Hemoperfusion (DHP)
 
血漿吸着:Plasma Absorption (PA)
 
 
再発制御
 
   
 
ベタフェロン
皮下で一日おきに自己注射
バイエル製薬
 
アボネックス
筋肉で1週間に1度の自己注射
バイオジェン・アイデック・ジャパン
 
コパキソン
皮下で一日おきに自己注射
インダストリーズ
 
リンデロン
投薬
塩野義製薬(副腎皮質ホルモン剤)
 
免疫抑制剤 投薬 アザニン等各種  
ジレニア/イムセラ
投薬
ノバルティス ファーマ/田辺三菱
 
       
   
※ベータフェロンを開始したらプレドニン(ステロイド)を中止するというのが一般的なここ数年来のMS治療だったが、 この「抗アクアポリン4抗体」の測定が可能になって、「陽性」のNMO患者には、ベータフェロン治療が効かないこと、 むしろ病状を悪化させる場合があることが分かってきた。むしろステロイド、免疫抑制剤、血液浄化法などが予防的 にも効果的なことが分かってきた。
※ジレニアカプセルは、リンパ球上のスフィンゴシン1-リン酸受容体(S1P1受容体)に作用して、受容体機能を阻害する(機能的アンタゴニスト作用)全く新しい作用機序を有する薬剤で、これまで注射剤に限られていた多発性硬化症の薬物治療に対し、国内初の1日1回の経口投与剤。特に循環器系の副作用が非常に強く、入院での加療が必要とされる。
 
 
 
多発性硬化症の未来は明るい
 
 
多発性硬化症の発症を抑える効果が、腸内リンパ球細胞にあることを、国立精神・神経センター免疫研究部の山村隆部長らが、明らかにした。治療法の進展などにつながる成果で、米科学誌ネイチャー・イミュノロジー電子版(Invariant Vα19i T cells regulate autoimmune Inflammation)に発表された。
 
   
この細胞を増やしたマウスと、全くないマウスをつくり、MSに似た状態にした。すると、細胞を増やしたマウスは軽症に抑えられたが、細胞のないマウスは手足に重いまひが現れた。
山村さんは、この細胞が脳内の炎症を抑えているのではないかと考えている。
 
   
(2006年7月31日 夕刊 朝日新聞より)
 
   
「多発性硬化症」の患者に多く現れる遺伝子の働きを国立精神・神経センターの山村隆免疫研究部長らが解明し、9日付の米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。新薬開発につながる研究と注目される。
 
   
山村部長らは、多発性硬化症の患者に多く現れる「NR4A2」という遺伝子が、免疫をつかさどるT細胞という細胞の中でどう働くかを調べた。この遺伝子が働くと、炎症を引き起こす物質(サイトカイン)を出すことを突き止めた。
逆に、患者の血液からT細胞を取り出してこの遺伝子の働きを抑えると、細胞が出すサイトカインが減ることもわかった。マウスを使った動物実験でも、この遺伝子の働きを抑えると病気の症状が改善した。薬の開発への糸口になる可能性がある。
 
   
(2008年6月13日 夕刊 読売新聞より)
 
 
 
 
これまで、同じ病気の方々、または、難病や色々な病気になり、様々な思いをされている方がいらっしゃると思う。でも、こうして、着々と研究開発が進められ、新薬開発につながって行く事は確かな事。病気に対し、あきらめることは絶対にしてはならないことだと思う。病気に対し、勝たなくてもいい。ただ、「絶対に負けてはいけないこと」、この気持ちを大切に生きていくこと。これが、今の私に言えることです。
先将来、どうなるかは誰にもわからないけど、強く生きていきたいと思う。